• ホーム
  • 上級者でも必見の投資における注意点

上級者でも必見の投資における注意点

笑っているビジネスマン

日本の株式市場が活況を呈している状況はここ数年続いています。
この状況を受け、株式を始めたばかりの初心者でもある程度の利益が出るなど、メディアも積極的に投資を後押ししています。
しかし、相場は常に良い状況が続くものではありません。
例えば2016年に入って以降、株価が昨年末に比べて約1000円~2000円のレンジで下落した時期が数ヶ月続きました。
現在は徐々に回復の兆しを見せてはいるものの、状況は刻々と変化しています。
そのため初心者はもちろん、投資上級者でも常に注意しておかなければならない注意点がいくつかあります。

まず、自分が有する資金以上の投入は決してしてはいけないということです。
昨年まで、各企業の株価は最高株価を更新してきました。
そのため投資家は、株価に天井がないと錯覚しがちです。
そのため、常に損切りラインを決めて取引を行うことで、緊急に相場が悪化する際に備えつつ、積極的な取引を行う必要があります。
よって、信用買いなど借金をして投資を行うなどの行為は極力避けるべきです。

次に、自身が購入した株式を発行する企業に加えて、今後伸びることが予想される企業の株式を常に探す努力を怠らないということです。
自分の持ち株に大きな損失を抱えた場合、人の心理としては「必ず株価は回復する」と思って塩漬けする傾向にあります。
しかし、有望株を複数ピックアップしておけば、損失を抱えた株を即座に売却して新たに利益が出る株に投資出来ます。
その結果、より機動的な投資を行うことができるようになり、損失を補てんできる利益を獲得できる可能性が高くなります。
「相場はいきもの」という考えに基づいて、常に将来のことを考えながら投資する姿勢を養うことが大切です。

人気記事一覧
サイト内検索